記録 自分用

感じたことや考えたことを書いていきたい。

ほとんどマジック/「グランド・イリュージョン」他

見よう見ようと思って数ヶ月放置していたグランド・イリュージョンを見た。

多分リアリティとかを求める映画じゃあないでしょう。そんなんでいいんかいというシーンは見ていてけっこう多かったが、トリックの爽快感とかそういう頭カラッポな部分では楽しめた。映画館に見に行っていたらちょっと損した気分だったかもしれないけれど、まあプライムビデオだしね。

あのインターポールの女性捜査官の意義はただただ不明だが、かわいいから許される枠なんだろうか。少なくとも恋愛要素は不要だったと思うけど、アメリカの映画はそういうの多いし一種の伝統なんだろう。

あまり不思議な点をつらつら書いてもしょうがないので感想はこんなもの。

 

他にもマイケルムーア監督の「Capitalism マネーは踊る」も見た。これは見ようと思ってから数日で見た。

これは片手間に見てのだけれど、片手間でよかったぐらいの内容だった。ドキュメンタリーとしては新たな知見はなかったけど、エンターテイメントとしては面白かった。マイケルムーアの吹き替えがキャラに合っていて角がない聞き方になっていたところがよい。あとすごいハリセンボンの春菜に似ていた。

最後のウォール街で暴れまわる(比喩表現)シーンが見所かな。