記録 自分用

感じたことや考えたことを書いていきたい。

所持デバイスと使用ソフトに関する考察

前書きと予防線

こういうのはもともとwordでやっていたのだけれど、ファイルを開くのにかなり時間がかかってしまうのが個人的にかなり気になるところであり、情報の整理だけならタグを作ることができる他のサービスの方がよいのではないかと考えてはてなブログに辿りついたという経緯がある。あと京大式カードをどうにかデジタルでできないかという思考の結果でもある。

よってまさにこういうページこそ「記録 自分用」というものにふさわしいと思う。だからなんなのかという話ではあるけれど。

 

所持ハードとソフトについて

そして今回の記事は所持するデジタルデバイスとソフトをどのようにするかという思考のまとめである。考えた結果を文字にしておこう。

どの種類のデジタルデバイスを所持するか

会社やら型番などの前に、どの種類のデバイスを保持するか、保持したいかについていろいろ考えていこう。新しいものが出現すればまた追加すればいいし、情報が古くなっても消す必要はない。デジタルデータなんだから別にいくら積み上げてもいいじゃないか。

スマートフォン

まずはこれ。もちろん必要だろう。個人的にはこれがパソコンより自然と前にくるのが面白い。まあ所有した順番を考えてもパソコンより前だしね。「毎日使うものだからなるべく良いものを」の筆頭。

使用用途は基本的には情報収集とコミュニケーション。つまりはネットとLINE。たまにGmailも使うけれど。あとカメラもか。細かいのを含めたら本当にたくさんある。

こうして考えると片手で操作できるところとどこでもネットに繋がっているというところが最大の強みであろう。

ゲームはしないのでその辺の性能は別に必要ない。

ノートパソコン

次にこれ。もちろん欲しい。でもないならないでどうにかなるのかもしれない。特にタブレットの進化次第だなという感じではある。アップルがコンピュータをなくす方向にシフトしている(iPadのCMみたいに)のは面白い。

使用用途は情報収集と資料作成。つまりはネットとoffice系統。最近だとGsuiteあたりか。

このデバイスの強みは明らかに画面の大きさと両手でタイピングできることによる入力の速さ、快適さだろう。別に処理能力が必要なことをそんなにやっているわけでもないしね。

デスクトップパソコン

あればよいかなレベルの製品。理由としてはそこまで高度なことをしないという部分が大きくて、そりゃ画面が大きい&充電を気にしなくてよいというのはとても素晴らしいことではあるけれど、逆に言えばそれ以外のメリットがない。

必要性でいうとテレビと同じかそれ以下というレベルだからまあ買わなくていいかな。

タブレット

当然欲しい。大学入学年の6月ぐらいからAmazonのを持っていた気がするけど、本格的な運用は2017年の春からかな。多方面に活躍する感じ。一回Gsuiteを触ってみたけどかなり高いレベルでパソコンを再現できていると思う。

使用用途は電子書籍とペンでの入力。つまりはkindleとpdf expert。特に前者は雑誌などを読む際にはほぼ必須といってもいい。あとエアロバイクをこぐときに本当に役立った。揺れながら読むときはスマホじゃダメだろう。またペンで入力できるのも特有の強みだといえる。これはまあappleに限られてしまうかもしれない。でも理論上はgalaxy note 8と同じタブレットが出れば覆されそうではある。

スマートウォッチ

欲しいがなくてもよい。今のところはなくても生活できているわけだし、死ぬほど必要ということはないだろう。

想定している使用用途は基本的にはトラッキングとフィットネス関連。通知機能とかはそりゃある分に困らないけれどそこまでのこだわりはない。またどうせスマホとともに行動するだろうから独自通信できなくてもよさそう。しかし実際に使ってみてわかる便利さというのもあるのでなんとも。

イヤホン

デジタルデバイスのまとめなので、ここでのイヤホンは無線、とりわけ完全無線イヤホンを指す。ジムでの運用を考えるなら当然欲しい。優先度としてはスマートウォッチより上なぐらい。

日常用途なら有線でもいけるが、ジムではそうもいかない。これは約半年の経験からいえることで、エアロバイク中にコードがあると非常に鬱陶しいし、筋トレ中はポケットにスマホを入れたくないから完全無線が望ましい。

TV接続デバイス

ここではapple TVとかchrome castなんかを指す。現状持っているのはamazonのFire TV Stickのみ。一応かなり便利ではあるが、欲しいかと問われると微妙なところではある。

なぜなら当該端末のほかテレビやオーディオ機器も追加で買う必要があるから。実家暮らしの間はいいけどね。

順当な使い道以外の想定される使用用途としてはスマホからのキャストやスマートホーム対応の強みを活かすところか。後者は状況によっては化けそうではある。

そもそもこういうのはもともと音響機器付き巨大スクリーンが家にあるから便利なのであって、ゼロから揃えるとなると微妙感は否めない。

TV

じゃあテレビはどうなのというとまた難しいところである。別にテレビ番組自体はなくても特に困らない(YouTubeライブ配信しているチャンネルが複数あるのは面白い)ことがタイに来てわかったが、ゲーム機につないだりする巨大スクリーンとしてはあってもよいかもしれない。

ついでに音響機器なんかも買うといろいろな音楽を流すときに便利ではあると思う。ただし映画や動画配信なんかにかけては下記のVR関連の部分と競合するかもしれない。

スマートスピーカー

話題のgoogle homeとか。現状は個人的にgoogle home miniを、家族用にgoogle homeを持っている。わりと有用だと思っていたけど、タイに来てからは(wi-fiの接続台数的に使えなかったから)使っていなかったが、それによってとても不便だったというわけでもなかった。まあこれはあればそこそこ便利というデバイスだろう。

主な用途は音楽。つまりは口頭BGM再生マシン。いろいろなIoT製品を買えばかなり便利なんだろうけれどいかんせん値段が高い。ぐぬぬ

しかし個人的にかなり達成したいから、どうにか将来的には揃えていきたい。

VR関連

2017年がVR元年だったような。なんか特に音沙汰がないが、自分も別に必要だとは思っていない。家でできたら楽しそうではあるけれど、まだスプラトゥーンとかに勝てるレベルではないのかな。あればいいかなレベル。

個人的に面白そうなのは、映画とかを擬似的に大画面でみれること。家で寝ながら映画館気分というの熱い。つまりスマホ用のVRで満足しそうということか。

電子書籍専用端末

その名の通り。kindleシリーズが有名かな。自分が現状所持しているのはkindle paperwhitekindle oasisの2台。現状最上位の端末も持っていることだしこれ以上は必要ないだろう。

まだ全然使ってないからわからないけれど、oasisはかなりいい感じではある。paperwhiteを考えると雑誌ではないいわゆる書籍を読む時には役立ちそう。あとページめくりボタンのおかげで自炊類もめくる方向を気にしなくてよいのは大きい。

カメラ

デジタルカメラとか一眼レフとかビデオカメラとか。正直 分類についてはあまりよくわかっていない。

スマホでいいじゃんという声もあるし、実際その通りだと思う。特にこれからスマホのカメラの性能はどんどん上がっていくだろうから、よほどのことがなければ買わないと思う。

インスタ勢の需要でカメラの売り上げが上がったという話は面白い。まあ自分にはあまり関係ないところではある。

各種家電

掃除機や洗濯機、お湯を沸かすポッドなんかがあるけれど、今のところは特にこだわりがない。一人暮らし始めたら絶対必要だとは思うけれど。備え付けのノーマルなものを一度試してみてからいろいろ考えることにしよう。

 

どの製品がよいか

では具体的にどの会社のどの製品がよいかを考えていく。まあ毎年新製品が出るからわからないんだけどね。

スマホ、ノートパソコン、タブレットについて

なぜここを一緒に考える必要があるかというと、当然アップル製品に統一すべきかということを考えなければいけないからである。

現状はGalaxy s7 edge、iPadMacbook Proだからかなり珍しい組み合わせなのではなかろうか。

アップルに統一することでAirDropが有効活用できるというメリットは、今の2つのデバイスからも容易に想像できる。というか基本的にgoogleのサービスを使うなか、appleで統一するメリットはこれだけだといえる。まあその1つが大きいんだけど。

現状タブレットとして使えそうなのがiPad Proシリーズだけであることをふまえると、買えられるのはパソコンとスマホだけである。このうちパソコンはMacBook Proでかなり満足していて、別にmicrosoftのサービスをあまり使わないことを考えると特にwinに戻す必要性は感じていない。よってあとはスマホiPhoneにするかという話である。

問題はここで、iPhonegoogleサービスの親和性がかなり低く、iPhoneにするならAppleのサービスを使うべきというところが気に入らない。自由度も低いしね。可能ならgoogleのPixelシリーズもいいかなとは思うが、メリットが実質カメラだけとなるとやはり当分はGalaxyシリーズでいこうという気になってくる。

またSDカードが使えるかというところも大きく、これはせっかく256GBのを買ったからという損切りができていないだけでもあるが、心理的にも価格的にも考えるべき場所であると思う。

するとやはり今のままを維持していくかたちになりそうだ。

新しい情報に注意する点としては

google純正スマホになにか欲しくなるような点はあるか。

②新Galaxyでsシリーズとnoteシリーズのどちらにするか。

③各種googleのサービスがiPhoneでつかえるようになるか。

あたりだろうか。

デスクトップパソコン 

基本的には上の議論と同様で、買うとしたらmacになりそうではある。ただしそこまで高度なことをしないので、普通に巨大スクリーンとしてしか活路がなさそう。

スマートウォッチ

さあこいつだ。この記事はほとんどこの項目と次の項目のためにあるといってもよい。

まず前提として自分はあらゆるデータをgoogleで管理したいと思っているから、必然的にgoogle gitに対応した製品である必要がある。この条件が以外と厳しくて、例えばfitbitを使うとfitbitアプリとgoogle fitを連携することができないので、購入対象にならない。じゃあandroid wear 2.0搭載端末にすればいいんじゃないのと思うとまともなものが少ない。例えばsonyライフログバンドは最近新製品が出ていないし、2018年発売のはあまりフィットネストラッキングには適していないように思える。

となると実質選択肢はほとんどgoogle謹製といってもいいLG watchシリーズかサムスンのgearシリーズしかなくなるといえる。後者は厳密にはgoogle fitと対応していないが、サムスンのヘルスアプリとgoogle fitを連携させるアプリがあるので条件はクリアしている。

LGの方は電池持ちがひどいらしく、少なくとも24時間はもってほしいことを考えるとなんだかなという感じ。2018年中に新型が出るならそれを要チェックという感じか。

サムスンの方はこれまたいろいろシリーズがあり、現状考慮できるのはgear s3、gear fit2 pro、gear sport(日本未発売)だろう。gear s3は少し発売開始が古いので2018年中に新型出ると思うので保留。gear fit2 proは個人的に最有力で、レビュー記事が少ないのでなんとも言えないけど今買うならこれかなという感じ。水泳にも対応しており、まあ特に問題はないと思う。デザイン的にもそこまでひどいものでもない。価格はだいたい25000円。gear sportは日本未発売につき保留。

いずれにしても今年の8月ごろ発売されるであろう新型を待とうかな。

xiaomiのmi bandというものもあった。3000円ぐらいで買えるので面白いかも。

イヤホン

本題その2。現時点での選択肢はbragiのdash pro、サムスンのgear iconX、Ankerのliberty+あたりか。

bragiは性能的に最強。水泳に使えるのが他との差別化ポイントかな。全体的に文句はないけど唯一のネックはその値段。いや流石に4万越えは...。

サムスンはも全体的に文句なし。水泳に使えないことは弱点といえば弱点だけど逆にいえばbragiと性能的に違うのはそこだけ。いや音質とかはあんのかもしれないけど。値段は約24000円。

Ankerのは値段が強み。14000円。それ以外は特に強みがない。いや他のと張り合えてる時点で十分なんだけども。

個人的なポイントは水泳で使うかってとこかな。買ったけど泳ぎませんってのが一番辛い。ともかくワイヤレス自体は欲しいのでどれかは買うと思う。多分。

 

結論

スマホ、イヤホン、ウォッチをサムスンに統一したくなる。

夏の発表を待ってから最終決定をしよう。

でもいちばん大事なのはデバイス動向よりも運動することや活用することそれ自体なんだよなぁ。