記録 自分用

感じたことや考えたことを書いていきたい。

バンコクの二郎

唐突に、という訳でもないのだけれど、日本ではかなりの頻度で食べていたからこちらでも相応のものが食べたくなった。

これには自分がウェルカムディナーに出たくないという否定的アイデンティティを確立していることに深く関係しているが、それはまあよい。

タイでの料理はどれもサイズが小さいし、特にタイ料理はけっこう鼻につく部分もあるのでこういう違う意味で鼻につく料理が食べたくなる。故郷の味だしね。

 

学校からトンロー駅までがかなり遠く、またトンロー駅から店までも相当に遠かった。

自分は初めての道はなるべく歩くようにしているのだけれど、それでもそれなりに遠かった。次回からはバイクを使おう。

 

写真の通り見た目はかなり本家に近いように思う。

しかしこれは麺大盛り+野菜大盛り+肉増しで注文したからであって、オプション無しならそこまでなのかもしれない。それでゆう二郎と名乗ってもいいんかいという感じがしなくもない。

f:id:mikoyu263:20180118144059j:plain

バンコク のじ屋 ゆうしにて

まあ味は普通、感覚としては池袋に近い気がする。野菜がわりかし硬い&量が多かった。カネシ的なのをかなりかけると自分的にはちょうどよい感じ。

麺の量は300gとか書いてあったけど、もっと麺が多い方が二郎っぽいような。

 

総じてお腹いっぱいにはなったので満足。

まあ税込で377バーツと考えるともう一度行くかは微妙だけれど。